会社概要Company Profile

企業理念

一本の大きな木を育てるより、
多くの個性ある木を育て、美しい森をつくる

イノアックは、「暮らしをもっと豊かにしたい」という思いから、ひとつの事業に特化することなく、ウレタン・ゴム・プラスチック・複合素材という4つの苗をもとに、多くの事業(=木)を育て、企業体として多彩な製品、サービスを作り出し、社会へ貢献して参りました。
イノアックはこれからも多くの個性ある木を育てることで、時代のニーズにお応えしていきます。

Innovation & Action

INOACの社名には、「常に革新し続けること」と「それを実践し続けること」という意味が込められています。そして常に上を目指すために「革新=Innovation」と「実践=Action」を欠くことはできません。
東日本イノアックは50年近くにわたり、山梨の地で高品質で最先端なウレタンフォーム製品を作り続けています。

行動指針

挑 戦

自由に発想し、失敗を恐れず行動します。

誠実信頼

虚偽を排し、信頼される行動をします。

チームワーク

個性を発揮し、信頼される行動をします。

C S

顧客満足度を高めるように行動します。

収 益

継続的な事業発展と利益ある成長を目指し行動します。

責 任

責任を持って最後まで行動します。

会社概要

社 名 株式会社東⽇本イノアック
所在地 〒409-3611 山梨県西八代郡市川三郷町大塚700番地
連絡先 TEL. 055-272-2111 / FAX. 055-272-2119
設 ⽴ 1973年1⽉10日
資本⾦ 1億円
代 表 代表取締役 山口 善朗
事業内容 ポリウレタンフォーム製品、ポリエチレンフォーム製品の製造
従業員数 125名(2019年6月現在)
売上高 29億円(2018年度)

沿革

1973年
東日本エムテーピー株式会社設立、自動車部品の生産開始
1976年
軟質ウレタンフォームの生産開始
1990年
社名を「株式会社東⽇本イノアック」と変更
1996年
情報機器部品の生産開始
1997年
インク吸収材の生産開始
1998年
同⼀地域内の株式会社テクノフォームジャパンと合併
2000年
ISO14001認証取得
2001年
フィルターフォームの生産開始
2002年
低反発枕・モールドクッション製品の生産開始
2004年
ISO9001認証取得
2007年
水処理ウレタンの生産開始
2008年
長尺ポリエチレンフォームの生産開始
2015年
住環境部門が(株)イノアック住環境 甲府事業所として分社化
2017年
キッチンスポンジの生産開始
2019年
圧縮梱包マットレスの生産開始